ピグマリウスは40周年

プレイヤーと共に歩む、ものづくりを目指して──
1976年創業の弦楽器ブランド、ピグマリウスはおかげさまで40周年を迎えました。大人から子供まで幅広いユーザーの皆様への感謝を胸に、さらなる品質向上に努めてまいります。

Pygmalius、受け継がれる名器のDNA

ストラディバリウスをはじめとする一流演奏家が欲してやまない歴史的名器。その素晴らしさを限られた人だけのものにすることなく、すべてのバイオリン愛好家に届けたい──1976年、私たちビオリーノはそんな想いのもと、多くの名器を実際に手に入れて研究するところからピグマリウスの開発にとりかかりました。

私たちが導きだしたのは、オールド・イタリアンの名器の根底に流れる法則=名器の遺伝子(DNA)です。ピグマリウスはそのDNAを全身に受け継ぎ「リバース」「ルビーノ」「デリウス」の3つのコンセプトに基づいて展開してまいります。

REBIRTH/リバース

「リバース」はイタリアの名器を徹底再現したフラグシップ・シリーズ。最高の材料と妥協を排した技術をもって製作しています。プロユースにおいても申し分のない響きと多彩な表現力を実現した現代の逸品です。

REBIRTH of Antonio Stradivari 1716 ex Duranty

ストラディバリ最高傑作のひとつである「デュランティ」を徹底再現したリバースシリーズの代表的モデル。デュランティ特有の優美なアウトラインと肉感的なアーチを忠実に再現することで、艶やかで透明感の高いソプラノ・トーンを実現しています。クレモナ名器の美観を髣髴とさせるレプリカ仕上げを施し重厚感のある逸品に仕上げました。

REBIRTH of Annibale Fagnola 1924

ファニョラ代表作のひとつである1924年製プレセンダ型の名器を徹底再現しました。モダン・イタリアンのしっかりとした造りとファニョラの温かみのある作風を丹念に再現することで、明快かつ力強い音色を実現しています。美術的評価の高いイタリア・トリノ派のニスを研究して開発したオリジナルニスを施し存在感のある逸品に仕上げました。

REBIRTH of Francesco Ruggieri, 1692, Cremona made by Yuki Hori, 2012, Tokyo

ストラディバリと並ぶ17世紀のクレモナを代表するメーカー、フランチェスコ・ルジェリの逸品を徹底再現しました。アマティ派の流れを汲む豊かなふくらみと均整のとれたプロポーションを忠実に再現することで、新作楽器とは思えない深みのある音色を実現しています。

このバイオリンは、ガルネリ・デルジェスの研究家でロンドン在住の著名なバイオリンディーラー、ピーター・ビダルフ氏に認められ新作楽器としては異例の鑑定書が発行されました。

※売約済み

RUBINO/ルビーノ

「ルビーノ」はあくまで本物にこだわったハイグレード・シリーズ。厳選したヨーロッパ材に天然ニスを施し、名器の洗練された風合いを実現しました。

DERIUS/デリウス

「デリウス」は初めての方でも弾きやすく鳴らしやすいスタンダード・シリーズ。熟練の職人が細部に至るまで一本一本丁寧に調整しています。

世界が認めたピグマリウス

国産弦楽器ブランド「ピグマリウス」は1976年に誕生。数年間に及ぶストラディバリウスの徹底研究を経て発表されました。優れた設計、美しい音、芸術的な仕上がりによって日本のみならずヨーロッパやアメリカのマーケットにも衝撃を与えたピグマリウスは、以来多くの演奏家たちに支持されています。

ニューヨーク・ジュリアード音楽院・バイオリン科主任教授であったドロシー・ディレイは、かねてよりピグマリウスの素晴らしさを認めており、賛辞の言葉を寄せるとともに優秀な教え子の一人であった五嶋みどりに使用を推薦しました。彼女は1/2サイズのピグマリウスで練習を重ね、1982年ニューヨーク・カーネギーホールでデビューを飾ったのでした。

ピグマリウスの分数楽器〜晴れの舞台のパートナー

日頃のがんばりをお披露目する発表会や、夢をかなえるコンクール。ピグマリウスの分数楽器はそんな晴れの舞台でこそ真価を発揮します。ストラディバリウスをはじめとする名器と全く同じ理論で設計されたバイオリンは豊かな倍音を奏で、遠くまでしっかりとその音を届けてくれます。

はじめてでも扱いやすい安心の品質

ピグマリウス・デリウスシリーズは30年以上に渡るノウハウをもとに、弦楽器の基本を十分に考慮して設計・製作された「調整しながら使い込んでいくことのできる楽器」です。弊社の工房では製品を熟知した技術者が調整や修理にあたっており、万一に備えてメーカー1年保証もご用意しています。

株式会社ビオリーノ

〒250-0876 神奈川県小田原市中新田 328-3

連絡先
Tel. 0465-49-5557
Fax. 0465-49-5569
E-mail: support@violino.co.jp